楽器演奏をする人必見!手のひらをじっくり見てみよう!

アレクサンダー・テクニーク

最近、個人的にとても興味深いと感じていることです。
指の関節のところに線が入っていますね。

この線、すべての部分で指を曲げることってできるんでしょうか。できないのでしょうか。

じっくり手のひらを眺めて考えてみます。

見た目は他の線と同じなのに、関節ではない箇所見つけられたでしょうか?

曲がりそうに見えて曲がらないんですね。

 

 

私たちの体は健気にも脳からの指令を受けてがんばって曲げようとします。
ぎゅっと周りが力を入れて頑張ろうとします。

これが楽器演奏で起きているとしたら曲げられない場所を曲げるために不必要な力が働いている可能性が高いです。

 

本来曲がる場所、関節である箇所を確認して、曲げたり伸ばしたり丁寧に確認していきます。
その時、手のひらだけでなく、横から観察したり、手の甲から眺めてみることをお勧めします。

 

手の甲を観察してみると、本来曲がるところがどこかはっきりわかります。

 

楽器演奏の多くは指を使うので、これを知っているか知らないかでは使い方の質が大きく違ってきます。

 

自分の中にある『カラダの地図』をアップデートしていくことで、指を今よりも機能的に使えるようになります。
ぜひ試してみてください!