新品のマヨネーズがヒント!?【パワフルに吐くためのとっておき情報】

呼吸

思うように息が吐けない…

管楽器奏者の悩みの上位にあがるもの。

吹奏楽指導をしていても尽きない悩みですね。

こんな人のための記事です

  • もっと息をしっかり吐けるようになりたい人
  • 後輩に息の使い方を教えたい人
  • 指導で息を使い方を変えて、音の変化を実感したい人

短時間で改善できる可能性のある方法をご紹介します。

1人でももちろん効果を実感できます。

吹奏楽部全員でやれば、何倍にも音の変化が感じやすくなります。私も過去の指導で何度も実践して効果を実感してきました。ここ数年に渡り、採用している方法です。

簡単にできるので、ぜひお試しください!

息を吐くってどういうこと?

端的に表現すると、空気を体外に送り出すこと。

管楽器演奏では「呼吸には腹筋を使う」

この言葉がひとり歩きしがちだと感じます。

特によく聞くのがこれです。

【腹筋に力を入れて吹く】

これももちろん腹筋を使うための方法の1つです。

俗に腹筋と言われるシックスパックの部分は、もちろん息を吐くのにも関わっています。ただ、それ以上に体を折り曲げるという大きな役割があります。

そう、腹筋運動の時にたくさん使うのです。

「息を吐く」という明確な意図がある場合には、実はシックスパックだけを使うよりも、もっとダイナミックに息を吐ける方法があります。

それが今回のテーマ【新品のマヨネーズ】です。

新品のマヨネーズから得られるヒント

新品のマヨネーズって手で押したら勢いよく中身が飛び出しますね。

  • 新品のマヨネーズのある面だけ人差し指で押してみる
  • 新品のマヨネーズを手全体で握って押し出す

たくさんのマヨネーズが勢いよく出そうなのはどちらですか?

そうです。このように「新品のマヨネーズを手全体でギュッとするような感じで息を吐いてみる」のが今回提案したいことです。

マヨネーズを勢いよく押し出すように息を吐く

一般的にイメージされている腹筋(前側のシックスパックの部分)だけでなく、全方面から押し出すような感じで息を吐くことを試してみます。

体の前側、横側、後ろ側、さらに底から。全部の面を圧縮して息を吐くことを試してみます。

特に

底から上に向かって息を吐く

これで大きく変わる人もいます。

  • 立っている場合は、脚の間から上に息を吐くようなイメージ
  • 座っている場合は、骨盤の底から上に息を吐くようなイメージ

使える息の量が断然変わるはずです。

ぜひお試しください!

体の仕組みの観点から、息を吐くことを深めたいときはこちらをご覧ください。