レッスンを受けた方の声

オーケストラ・吹奏楽向け講座の感想はこちらからご覧ください

 

↓ レッスンを受講いただいた方に感想をいただきました ↓↓

自分の音の変化がすぐに体感できた1時間でした。今まで出たことのなかった高音まで出るようになりました

トランペット / 小島沙弥さん(30代・女性)

とてもとても分かりやすく、
自分の音の変化がすぐに体感できた1時間でした。

体の仕組みから学び、
頭はどこからどこまでなのか
どういう風に首とつながっているのか
腕はどこからなのか
足はどこまでなのかを模型と一緒に学び、
それを踏まえて姿勢を見直しました。
実際にレッスンで体感していただきたいので
詳しい事は書きませんが、
先生の言う通りに姿勢を見直しただけで
音が格段に良くなりました

レッスンで見ていただいた曲の中で不安だった箇所のタンギングも舌の筋肉の事を習い、
タンギングのアドバイスを頂いたらとてもクリアなストレスのないタンギングに。
こんな些細なことでこれだけ変わるのか!!とこれもまたびっくり。

けれど、私の中で一番驚いたのはアンブッシュアモーション。
私の楽器を吹くときの癖を見つけてくれて、どの方向にアンブッシュアを持っていくのか教えていただいてから、
今まで出たことのなかった高音まで出るようになりました。
なにかといろんな曲をやっていく上で、
最後の音が高かったりすると諦めていたのに、このおかげで前よりも自信を持って最後の音を「パァン」と出せるようになり、嬉しい限りです。

そして緊張についても学びました。
まずどう言う時に緊張するのか親身になって聞いてくれ、解決の方向に進んで行くには今後どうして行けばいいのか、一緒になって考えてくれ、実際にホールにいる気持ちで!
と言う練習にも付き合ってくれました。

Body Thinkingのレッスンは楽器のレッスンとはまた違った視点から自分の体を見直すことができます。
1時間しか経っていないのに何時間もしていたかのような内容の濃いレッスンで、
とても楽しく充実した時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。
また是非レッスンをお願いします!

姿勢を直しただけで、音の出しやすさが変わったのが自分でもよくわかりました

クラリネット / 吉田さん(40代・女性)

「お腹で息を吸う」ことの呪縛から、まず解放されてよかったです。体全体の動きに「頭」が大きく関わることも初めて知りました。

また、楽器を演奏するのに、股関節や足までが関係するとは本当に驚きです。

姿勢を直してもらっただけで、音の出しやすさが変わったのが自分でもよくわかりました。姿勢に関しては日常生活でも気をつけるようになりました。

楽器を演奏することがより楽しみになりました!

 

 長年極度の悩まされていたあがり症。演奏会中に頭が真っ白になってコントロールが効かなくなるようなことが激減しました。

トランペット / 木村さん(30代・女性)

レッスンを受ける前に悩んでいたことはなんでしたか?

  • シングルタンギングが早くできない、タンギングの際にスムーズに息が流れないので一音一音しっかり鳴らないこと
  • あがり症の対処方法について

今回のレッスンで解決したことはなんですか?

シングルタンギングについては、舌の位置をどの辺りに持ってきてタンギングをするとスムーズかを色々試すことで、力まず息が自然に流れるポイントを探すことができました。それと合わせて基本となる演奏時の姿勢についても詳しくレッスンしていただき、シングルタンギングに関する悩みは舌の動かし方や舌の位置だけが原因だったのではなく、体全体の使い方が連動して起こっていたことに気付くことができました。
長年色んな練習方法を試してもスムーズにいかなかった点が改善されて驚きでした!

あがり症については、どれだけ練習を重ねて臨んでも、演奏の最中に失敗したらどうしよう、音を外すかもしれない、といった不安がよぎって集中力を欠いてしまうことが多くありました。
日頃から、フレーズごとのイメージや気をつけるポイントなど具体的に意識して練習することで、本番でも練習過程を思い出しながら、緊張に飲まれず集中力を維持して演奏することができるようになりました。
対処方法がわからなかったあがり症とも、レッスンをきっかけに少しずつ付き合えるようになった気がします。

こんな人にオススメのレッスンです!

技術的な部分で上手くいかない部分がある人におすすめです。
自分では気付かなかった癖や演奏技術向上のためのポイントを客観的に指摘してもらうことで、その場で手応えや変化を感じることができるレッスン内容だと思います。

私は長年極度のあがり症にも悩まされていましたが、レッスンで対処方法を教えていただいたことで、演奏会中に頭が真っ白になってコントロールが効かなくなるようなことが激減しました。
教えていただいた内容は、日頃の練習や本番当日に誰でもすぐに取り入れる事ができるものばかりなので、あがり症の悩みを抱えている方にもぜひおすすめしたいです。

練習量だけでは解決できなかったことがするっといい方向を向くような感覚でした

サキソフォン奏者(20代・女性)

普段はアルトばかりで、ソプラノは数年ぶりでとにかく自信もなく、レッスンを受けるのも少し抵抗がありましたが、短い時間で成果を実感できて、受けてよかったと思うことができました!

ビブラートを深くかけたり、コントロールすることが苦手で、レッスンで取り上げてもらいました。レッスンの中で、自分が曖昧に体を使っていることに驚きました。

「ここがこう動くからこういう向きにあごが動いて…」と先生と一緒に丁寧に考えたことで、今更ながら、「ビブラートってこうやるんだ~」と発見できました。やることがはっきりしたことで、今までの長年の悩みに解決の兆しが見えました!

また、中低音の音色がぺらぺらして嫌いだったのですが、レッスンの中で「頭が自由に動いて体全部がついてきて」と教えていただいて、意識してみると、いつもと違う音がしてびっくり!

練習量だけでは解決できなかったことが、するっといい方向を向くような感覚でした。

自分が体をどう使って演奏しているのか、本当はどう体を使ってどんなことがしたいのか、探求していくようなレッスンでした!今まで、練習しても「よくなった…かな?」と成果を実感できませんでしたが、一つ一つ丁寧に考えて、納得しながらレッスンが受けれたので、「よくなった!」と実感できました。ぜひまた受けたいです!

 

 こんなにも楽に高い音も低い音も出るのか、と驚きました

ユーフォニアム奏者 /M.Iさん(女性)

私は、中学生の頃からユーフォニアムを吹いています。中学生の頃は、多少吹きにくくてもそのまま演奏していました。しかし、高校生になってから、より難しい曲を演奏するようになり、音が当たらないことが多くなりました。

そんな時に、先生のレッスンを初めて受けて、アンブシュアモーションについて教えていただき、その1回のレッスンで吹きやすさが大きく変わりました!いままで、根本的な楽器の吹き方を教えてもらったことがなかったので、こんなにも楽に高い音も低い音も出るのか、と驚きました。口とマウスピースの位置関係だけで多くのことが解決すると感じました。

先生のレッスンは、私にとって初めて知ることばかりの充実したものでした!先生から教えていただいたことを活かして身体を上手に使った自分に合った吹き方を追求していきたいと思います。また先生のレッスンを受けたいです!

 

楽に弾けるようになりました!

コントラバス奏者 / K.Nさん(女性)

ちょうど伸び悩んでいた頃に受けたレッスン。

私はコントラバスを弾く際、よく手首が痛くなってしまい、これは仕方がないことだと思っていました。なぜなら、音を出すのに、手首の力は必要不可欠なものだから、と思っていたからです。
でも、先生のレッスンで、その固定観念から解放されました。
「腕の始まりはどこだろう?」私は当然肩からだと思いました。実際は鎖骨の付け根でした。
鎖骨の付け根から動かすということを意識した時、自分の腕が長く感じられ、楽に弾けるようになりました!
楽に弾けるようになると、視野が広がり、より色々なことを吸収しやすくなりました!
先生のレッスンで一番良かった事は、私が間違った発言をしても否定せず、その意見を汲み取りながら優しく指導してくださったことです。色々と試しながら正解を一緒に求めていく事で記憶に鮮明に残りますし、和やかな雰囲気でレッスンを受けやすかったです。
あと、知っているようで意外と知らない、体の構造を正しく理解することは、楽器を演奏する上でとても大切な事であると、実感しました。なので、これからもまた伸び悩んだ際は、体の構造の理解から始めてみようと思います!
たった一回のレッスンだけでも格段に上達したことを実感しました!またレッスンを受けて、もっとレベルアップしたいです!その時はよろしくお願いします!

誰がきいてもわかるくらいの変化がありました。変化を実感出来て本当に嬉しく思っています。

トランペット奏者 / S.Hさん(10代・女性)

私は今までずっと安定した音を出すことに必死で全くのびのない暗い音で吹いていました。その事を自分でわかってはいても、中学で言われてきたことを疑わずに続けていました。ですが、初めて先生にレッスンをしていただいたときに、息の流れ、姿勢、タンギングなどについてとても詳しく親身になって教えてくださり、自分に合った吹き方を見つけることが出来たのです!
今までは吹く前に息の圧力を高めるため、息の流れを止めてしまっていたのですが、「頭を動けるようにして いい匂いを嗅ぐ感じで 」と言われ、息の流れを止めることで無意識のうちに頭が動けなくなってしまっていたことに気付かされました。実際に頭が動かなくなると身体や音にどのような影響が出るのかまで体験し、すごく納得出来ました。
また、今まで背筋を伸ばして吹いていた私に下を向いて吹いてみてと仰り、やってみるとポーンとすんなり音がでで驚きました!少し前傾姿勢で吹いた方が息がしっかり使えて、誰がきいてもわかるくらいの変化がありました
先生のアドバイスは基本的なことに立ち返ってはっとさせられることが多くあり、本当にたくさんのことを吸収することができます。今までやってきたことを変えるのは難しいと思っていたけど、先生の一言でこんなにも変化を実感出来て本当に嬉しく思っています。ありがとうございました。

 

音楽を心から楽しめるようになりました

トランペット奏者 Y.Fさん(女性)

トランペットのレッスンをしていただきました。
楽器を始めて1年位してから、急に息苦しそうな音しか出なくなったり、高音においては音さえ鳴らなくなり、楽器を吹き続けると頭が痛くなるようになりました。先輩や先生にアドバイスをいただいてもそれが改善することはなく、考えれば考えるほど症状は悪化していきました。絶対これを治したい、と藁にもすがる思いで先生のレッスンを受けました。
レッスンでは体の仕組みやそれが楽器を吹く時にどう使われるかなどの話を沢山してくださいました。今まで『お腹をつかって息を吐く』という言葉が抽象的すぎて、誤ったお腹の使い方をしていた私に、体の仕組みの話を交えながらわかりやすく説明して下さいました。それを意識すると、今まで感じていた音の苦しさもなくなり、頭も痛くなくなりました。そして体のことだけでなく、私のネガティブな考え方に対し、『もっと一つ一つの成長を喜ぼう。ネガティブな考え方より肯定的な考え方ができた方が成長できる』というアドバイスもいただきました。
少しずつ音域も広がってきて吹ける曲が増えてきています。レッスンを受けてから、一つ一つの小さな成長を喜べるようになり、音楽を心から楽しめるようになりました。

 

もっと楽器を吹くことが好きになりました。

トロンボーン奏者 /金田さん

私は、高校に入ってからトロンボーンを始めました。中学の時はトランペットをやっていたので、始めたての頃はなかなかトロンボーンを吹くことに慣れず、どうしたら上達するのか悩んでいました。
そんな時に先生のレッスンを受けて、これまで全然意識できていなかったことが、楽器を演奏する上でとても大切なことだと気づくことが出来ました。例えば、楽器を吹くときには、肋骨が骨盤よりも前に出るような姿勢で吹くと、より楽にそしていい音を吹くとこが出来ると教えてもらい、これまでは楽器を吹く時に力が入って力んだような音が出てしまうと悩んでいましたが、レッスンを通して楽に音が出せるようになりました。
また、その他にも姿勢について指導していただきました。
タンギングと姿勢は一見関連性が薄いように思えますが、空気椅子のような姿勢でタンギングをすると、これまでよりもひとつひとつの音が同じ長さに切れて、楽に響く音で吹けるようになりました!そして、少し前傾姿勢で楽器を吹くことが今の私に1番重要な事だと気づかせてもらいました。
今まで私は、楽器を演奏する時に、姿勢や体の仕組みを全然意識していなかったと思います。ですが、先生のレッスンを受けて、「演奏する」前に、たくさんのことを意識して音を出すことがいい音を出すことにつながるのだと思いました。
先生のレッスンで、今まで意識できていなかったことに沢山気づくことが出来、もっと楽器を吹くことが好きになりました。
これからも、個人レッスンを受けさせてもらいたいと思います!

 

知らない世界が広がった!

フルート奏者 / M.Tさん(女性)

私は、中学生のときから全国大会へ行くような環境の中で、フルートを練習し、自分なりの吹き方が全て出来上がった状態で高校生になりました。
しかし高校生になってから、柔らかい音を出したりpの音を出すことが、私の今までの技術では上手くいかず苦手意識をもちながら練習をしていました。
そんなとき先生にレッスンをしていただいて、体の使い方や姿勢、息の流れ、音のイメージ、楽器の構え方など、中学では教わらなかったことをたくさん教えていただき、新たな知識が増え、知らない世界が広がったような気持ちになりました。
フルートのスキルも確実に上がり、自分自身の成長をよく感じる事ができたと思います。
また、小さなぬいぐるみを頭の上にのせて吹くというユニークな練習をしたとき、すごく体が伸びてとても開放された音でのびのびと吹くことができました。
先生は本当にいろんな角度から様々な方法で、一人一人にあった吹きやすい方法を教えてくださりとても感謝しています。

意識だけでこんなに変わった!

打楽器奏者 / F.Kさん(女性)

速く打つ譜面でいつも力が入り過ぎてしまっていたときに体の使い方を教えていただき、大きな効果を感じることができました!わたしはストロークが大きくなって、速く打てないうえに無駄に疲れてしまっていたのですが、スティックの先が自分の指の先になったように打つ、というアドバイスをいただき、随分と楽に打てるようになりました。そして、頭から足先までの関節をすべて解除する意識をもつと、さらに体が楽になり、柔らかく動くことを実感できました。意識だけでこんなにかわるのか!とびっくりしました。

 

受講いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

オーケストラ・吹奏楽向け講座の感想はこちらからご覧ください