レッスンを経て楽器と素直に向き合えるようになりました。今回のレッスンのおかげで、演奏がより楽しくなりました。【クラリネット・女性】

大学吹奏楽団でご活躍のバスクラリネット奏者の方がオンラインレッスンを受けてくださいました。

素敵な感想をいただいたので、ご紹介します!

先日はオンラインレッスンをしていただきありがとうございました。

多くのことを学ぶことができ、とても楽しい時間でした。

レッスンでいただいたアドバイスをもとに、これから更に楽器と仲良くなっていきたいと思います。

また、レッスン動画を送っていただきありがとうございました。

何度も振り返って、教えていただいたことを定着させたいと思います。

オンラインレッスンについて不安を抱いている方も多いかもしれません。今回、レッスンがオンライン化することについても感想をいただくことができました!

≪レッスンのオンライン化について≫

オンラインであることに関して、不自由に感じたことは特にありませんでした。

レッスン後には録画を送っていただき、振り返ることができたのでむしろありがたかったです。

ただ、全身の動きを見ていただく場合には、少し広めのスペースで行う必要があると思いました。

ここからはレッスン内容の感想です。

今回、バスクラからクラリネットに持ち替えをする時について息の使い方をどのように変えたらいいかわからず悩んでいるといった内容で、レッスンに取り組んでいきました。

≪レッスンで学んだことについて≫

身体の使い方や姿勢を見直すと楽器が吹きやすくなりました。

普段の練習では見直す機会があまり無かったのですが、楽器を吹く上で一番基本的なことであり、大切なことであると実感しました。

また、イメージを固めることも楽器を吹きやすくしてくれました。

五感を使って楽器を観察すると楽器のイメージが掴みやすく、手の形や息の使い方を、楽器に合わせて自然に変えられるようになりました。

≪心情の変化について≫

ここからは私の気持ちの話になってしまうのですが、レッスンを経て楽器と素直に向き合えるようになりました。

大学の部活動では人数調整の関係でClを吹くことになったため、Clに対して前向きな感情をあまり持てずにいました。

それまでBass.ClでやってきたことをClでやってもうまくいかず、何をどう変えたらいいのか考えてばかりいました。

しかし今回のレッスンでBass.Cl基準でClを吹こうとすることをやめると、気持ちが楽になりました。

Bass.ClでやっていたことがClでうまくいかなかったとき、それが「間違い」なのではなくただClに「合っていない」だけなのだと思えるようになり、Clだけを見つめて、どうしたらもっと仲良くなれるのかと考えられるようになりました。

常に他と比べるなんて、Clには今まで悪いことをしてきたなと思いましたが、これからはそれぞれの個性を素直に受け止めて、仲良くなっていきたいと思います。

今回のレッスンのおかげで、演奏がより楽しくなりました。

本当にありがとうございました。

オンラインレッスン上ではじめてお会いしたのですが、自分の体の観察や心情の変化など、30分ほどで本当にたくさんのことに気づいていただけたようでした。

対話をする中でご自身で気づいた部分は、これからの演奏活動でさらに変化していくものと思います。

生徒さん自身が持っている感性や可能性を大きく感じられた印象深いレッスンとなりました。

ありがとうございました!